たくおblog

肢体不自由の特別支援学校に専門職として勤めて5年。どの子どもたちにとって、学校は大切な場所…学校の魅力にはまっています。子どもたち、保護者、先生たち…様々な人たちの思いの中、自分の役割は何か、一つのひとつ、考えて、見直して…次へ…の毎日です。少しずつ、まとめていきたいと思うこの頃です(*^^*)

ぼんやり、考えてみた。

先日、久しぶりに社会人駆け出しの頃に出会った子のお母さんとメールのやりとりをしました。



離れて10年以上経つけれど、変わらずお互い、どうしてるかな…と考えていたこと…
嬉しく感じました…。
自分の人生でかけがえのない出会い。



体重700gほどで生まれ、生まれてすぐに右目を失い…、そして右手も失い…
その子とお母さんに私が出会ったのは生後6ヶ月の頃。
訴えた方がいい…とか周りから言われて色々悩むお母さんに気づいてはいたけれど、何も言えず…
ただただ、その子と楽しく遊び、たくましく成長していることを見せることしかできなかった…


お別れの時にお母さんからいただいた手紙には…
「頑張れと言わずに応援してくれたのは先生だけでした。どの先生よりも一番大好きでした。」と書かれていました…


お母さんに対して何もできない自分が情けなく感じていたけれど…
これでよかったんだ…と…
家族との寄り添いかたを考える出会いでした。


今は、その時とは違う仕事で、違う立ち位置で、たくさんの子どもたち、そしてその家族と関わっている。


一人ひとり、個性があり、バックボーンも環境も違うから、どうしたらいいか、自分に何ができるか、見えなくなることがあるけれど…
一番大切なのは、そこに子どもがいることを忘れないこと…


この世に生まれてきたことを、そして成長していることを一緒に喜びたい…


その子のお母さんからの手紙には最後、こう書いてありました。


「最近、ようやく、しおりはしおりなんだから!と思えるようになりました。なにより可愛くて可愛くて…」



真に子どものとこで一緒に喜んだり、悲しんだり…
「寄り添う」ってそういうことなのかな…と思ったりしています。



学校で保護者に寄り添って…とよく言うけれど…
ほんとに難しいなぁって思う。

忙しい1週間…

始業式から吐き気、目眩がするほど頭の中が休む暇もなく…
すごい1週間でした…


色んな整理ができないままいます…


新しい仲間に、頼ることができず…
今まで相談してきた人たちは遠くなり…
それぞれの立ち位置で、考えて、前を向いてがんばってるのをみると…


自分が情けなくなります…


この一年、大切にしたいから…
一つずつ、丁寧に…
すでに失敗してしまったこともあるけれど…
自分の言葉で…自分の大切にしていることを伝えて…実践していこう。



しっかりしろ!自分!

今年度の学校経営…夢のような話し…

昨日の職員会議で学校長から今年度の学校経営についての話がありました。



夢のような話し…
4つのステキなネーミングのプロジェクト…
そして、その計画は校長の中にはなく…


子ども一人ひとりの宝石箱をみつけるのは、担任の先生を中心として、保護者、先生たちと協働してするもので、子ども一人ひとり違うから、計画はそれぞれがするもの(要は…個別計か?)。
宝石箱を見つけるような気持ちで関わろという、子どもへの思いが大切…ということなんだろうか…



フェアリーな感じの先生たちは、キラキラして聞いていたけど…


医療的ケアについては…
無計画では現場はこまる!!!
ずーっとちゃんと計画性を持って、慎重にいきたいと怒っているのに…
聞いてくれてないんだな…と感じた…


子どもたちの様子…
子どもたちが安心安全に、楽しく学校生活を過ごすために…
どれだけ先生たち、保健室で見事なタックを組んでやってきているのに…


相談もなく…すすめようとする管理職…


残念だなって思います。


こんなに…
職員がハラハラする学校でいいんだろうか…


これならできるね!ってちゃんと皆で計画して協働して進めていく。
どこも勝手を言ってはいけない。
子どもたちの命、先生たちの教員生命にも関わってくる…


守りたい…


指導医、関係機関とのこと…


自分にしかできないことがある…


今年、やらなきゃならないことの一つです。